MAKKTAIL

ARTICLE PAGE

明日という日

明日からまた治療がスタートです。
今日は思いっきり好きなことをする日にします。
明日は治療で朝っぱらから病院なのですが
実は娘の高校の卒業式なのです。
当然私は行けないので旦那に行ってもらいます。

やっと、やっと卒業です。

娘とは半年以上まともに会っていません。
いろいろあって彼女は別のところにいます。
明日卒業を迎え無事に進学したら
きっともう娘とは会えないんだろうな、と思っています。
何がどう間違っていたのか、どういけなかったのか
それとも本当は正しかったのか・・・なにもかもわからないし
時間の流れとともに、もうそんな悩みすら薄れてしまいました。
どこかで笑って生きていてくれたらそれでいい。
苦難を乗り越えたくましくあってほしい。
彼女に望むことはそれだけです。

私にとって、明日は特別な日だったんです。
娘の姿の、晴れ姿の見納めでした。
彼女はきっと私のことなど気にも留めずに
友達に囲まれて笑っていることでしょう。
卒業式なんてどうでもいい、そんな姿が見たかったです。
治療を延期しようか、かなり悩みました。
治療なんて本当にどうでもいいことでした。
病気のことなんてどうでもいいと思うほど
彼女の笑顔が見たかったです。
見たかったです。
関連記事
スポンサーサイト
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

MAKKCOUNTRY  

Re: タイトルなし

親でいるってことは難しいですね。
自分ではそのつもりでも、子供には受け入れられない。
この半年何度も何度も途方に暮れました。

コメントありがとうです。
元気でました(^-^)

2016/02/29 (Mon) 21:52 | EDIT | REPLY |   

(*^_^*)  

わたくしにも
同じくらい(ちょい上)の
男女がいます。年齢的に
磁石の様にビュンビュン反発
するもんです(とくに女子ゎね)
見放すと どんどん遠くに離れて
いきます(とくに女子ゎね)

きっかけを つくってあげないと
寄ってきにくいもんですよ。

お手紙なぞ 書いてみては(*^_^*)

2016/02/29 (Mon) 11:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply