ドール服作ってます。クールガール・momoko・DDなど。それぞれテーマよりご選択くださいませm(_ _)m
MAKKTAILトップ → 日記 → オーマイガッテム その2
日記09 / 25 [ Fri ] 14:52 編集

オーマイガッテム その2

9/11は散々な1日でした。
旦那は意識朦朧なまま、実家はどちらも遠方だし
ここは一人で踏ん張るしかあるまい!と鼻息荒く翌日を迎えましたが
なんとなんと!
旦那の両親が夜中出発して来てくれることに!
さらにさらに!
私の母と伯父伯母も来てくれることに!
なんて有難い!張り詰めていた気持ちが軽くなる気がしました。

昼頃到着した母たちを連れて病院へ行くと
旦那はまだICUで寝たきり。
呼びかけるとうっすら目を開きもごもご喋る程度。
母や伯父さん伯母さんはウルウルしながら旦那とご対面しました。
面会中になんと個室に移ることになり
ストレッチャーに乗った旦那と全員大移動。
少しでも頭が揺れると吐きそうになるらしく
旦那は移動中とても辛そうにしていました。
ICUから一般病棟まで結構な距離だったし。。。(~_~;)
点滴はまだぶら下がってるし寝たきりでしたが
日が差し込む病室に移れて少しホッとしました。

夕方家に戻ると、旦那の両親も到着していて
私の母や伯父さんたちと涙しながらご挨拶。
頼もしい助っ人だらけでかなり安心したのを憶えています。
母たちは日帰りですぐに帰ってしまいましたが
旦那の両親は退院までいてくれると聞き更に安心♪(* v v)。
事故のことやこれからのこと、いろいろ山のように話をして
私たちの9/12はなんとか終了。

翌日やっと旦那と面会したお父さんお母さんは
旦那の腫れた顔とあちこちについた血と
出血で真っ赤に染まった眼球をみて辛そうにみえました。
とにかく行って手助けせねば!と来てくれた母や伯父さんたちも
はるばる名古屋から半日かけて700km走ってきた両親も
少し意識がしっかりしてきたとはいえ、まだまだ痛々しい姿の息子をみて
生きていたことに安心して、その姿に悲しんだと思います。
私の病気でも心配かけまくって更に旦那まで。。。
親孝行とは程遠い娘と息子ですねぇ(/_;)シクシク

そして更に翌々日、診断書が発行されました。
病名は・・・
■外傷性くも膜下出血
■右腎損傷
■右副腎損傷
■右眼窩骨折
■鼻骨骨折
■右頬骨骨折
ということでした。あちこち折れてる!なんてこったい!Σ(T□T)
頬骨骨折はわかってたけど、眼窩とか鼻も折れてたのね・・・orz
鼻骨は手術しなきゃならん、とか腎臓は今後も定期検査が必要だとか
脳みそもCT撮ったりMRI撮らないかんとか、もういろいろ大変!
鼻骨骨折なんて本人はもちろん私でも気付かなかったのに
よーーーく見てみると確かに鼻が曲がってる!オーマイガッ!!( ̄□ ̄;)
家族全員誰も気付かなかったという酷い有り様www
手術かぁ。。。入院長引くのかなぁ。。。とか
あれこれ考えることイッパイで頭バーン!状態なのに
更に悩み事が増えた日でした。トホホ(;´д`)

旦那は9/20に無事退院。
退院まで毎日お父さんが運転しみんなで見舞いに行きました。
いつもは私が入院してばかりで見舞われる立場でしたが
こうやって毎日通うのって結構大変なのね!と気付かされました。
それと、自分の入院グッズはサクっと準備できるのに
旦那のものとなるとどれを持てばいいやらサッパリだったし(ーー;)
保険のことや労災のことや、いろいろと勉強にもなったけど
あれもこれもと動きすぎて、なんだかめっさ疲れた約1週間でした。
両家の親にもたくさん心配かけたしお世話になったし。
私の治療は超長期戦ですが、旦那にはしっかり復活してもらって
みんな元気なうちにガッツリ親孝行せねばです!
私もしっかりサポートしなくちゃです!頑張ります!!

関連記事
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに















非公開コメント

トラックバックURL
  • ユーザタグ●
  • AD ● まとめ
テンプレート ● bStyle_1

Template Design K-do anystyle
Powered by FC2blog