MAKKTAIL

ARTICLE PAGE

カツラなのに帽子???

先日、見た目はカツラなのに帽子なんだぜこれ!っていう新聞記事を発見。
国立がんセンターが開発したという商品で
見た目はカツラなのに構造は帽子ってものでした。
商品詳細はコチラ

なるほどな!と、こりゃいいぜ!とお値段チェック。



ヲイヲイ高いぜ高すぎるぜ・・・(T△T)


だいたい、こういうものを求めている人は医療費めっさかかってる人だろうし
そんな大変な思いをしてる人からそんなにお金取るなよっ!
ウィッグだって数十万したり、髪がバサッと抜け落ちるってことが
どれ程のショックかお分かりか??
精神的ショックと金銭的な苦労と人の視線。
がんセンターのくせにわかってないね、ダメダメだね。

ということで作りましたよ、ウィッグな帽子。
というとパクりになっちゃうので、ヅラ帽子(笑)


201502051012540db.jpg

もうすでに少しカットした後ですが、元々ロングのウィッグです。
家の中で使うには絡まるし邪魔なのでカット!
子供の髪すら切ったことないのに、いきなりの大仕事です。

20150205101255a13.jpg

半分ほどカット。まだまだ長いのでガンガン切ります。
ブロッキングもせずグワッと掴んでバリバリ切ってる姿を見た姉さまは
「私、どんなことがあってもママに髪切ってもらうことはないな」
と震えるようなおめめで言い放ちました。

20150205151859b22.jpg

なんとか完成!どうです、だいぶ軽く短くなりましたでしょ♪
ダイソーのハサミのみでここまで切れました。

20150205151858e85.jpg

そして1番のポイントはココ!!!もみあげの後ろです。
そもそも何故お家用ウィッグ帽子が必要なのか。それはココのせいなのです。
ウィッグを着ける時はウィッグネットっていうネットをまず被り
髪がある人は髪をネットの中にしまいます。
その上からウィッグを着けるって手順なのですが
ネットもなかなか窮屈な上にウィッグにもゴムが入っていて窮屈!
お家でのリラックスタイムにそんなもん着けてなぞいられませんがな。
そこで、サイドに付いているゴムの半分くらいをカット。
ほつれてこないようグルーを薄く塗っています。
サイズ調整用のアジャスターもカット。ごみ箱行きです。
こうすると頭へのフィット感もそこそこ残り
頭を締め付けることなく装着可能になります。
髪がある人だとネットがいるかもしれませんが
私は髪が一握りほどしかないし、ちょうどボブなので
ネットなしで地毛と馴染ませて被ってます。
ネットが必要ならば、100円グッズのネットがオススメです。
締め付けることなくフワッと被れますw

別にお家でウィッグせんでもええやんか、と思うかもしれませんが
宅配便とか回覧とか、ちょっとだけ庭に出たりゴミ捨てに出たりと
結構ウィッグなしでいると不便さを感じること多いんです。
サッと被れてすぐに外せるってのは魅力的♪
家の中で帽子やバンダナってのよりよっぽど自然です。
今回使ったウィッグは機械編みの激安1000円のものですが
それでも十分だと思います。外ウロウロするわけじゃないし。

こりゃいいぜ!と思ったあなた!
是非お試しあれ♪(⌒∇⌒)ノ
関連記事
スポンサーサイト