MAKKTAIL

ARTICLE PAGE

さくら貝とハゲ

土曜の夕方、散歩から帰ったちびすけが
「みぞれの歯が赤くなってる!!」と叫びました。
慌てて見てみると、前歯が1本だけピンク色。。。
淡いさくら貝って感じの色になってました。
もう病院は閉まっているし、グーグル先生に頼ると
どうも【歯髄炎】らしい(-_-;)
わんこの歯は人間が考えているよりも繊細で
ちょっとしたことでトラブってしまうそう。
みぞれのそれは、たぶんここ数日流行っていた
【引っ張りっこ】が原因。
硬いものを噛んだり、引っ張り合いをしたりすると
歯髄に血が滲んでこんな色になるのだとか。
抜歯となると麻酔だし、こりゃ大変だ!と慌てました。

その数時間後、またしてもちびすけが叫びました。
「飴ちゃんのお腹がハゲてる!!」
なぬーーー?!
もふもふのお腹の毛を掻き分けてみると
縦5センチ、幅3センチほどのハゲがッ!Σ(T□T)
ハゲの中心にはピンク色の斑点が1つ。
これもすぐさまグーグル先生に頼ります。
・・・よくわからん(-_-;)
痒がっている様子ではないケド、早く病院に連れて行かねば!と
翌日ダッシュで飴ちゃんだけ連れて行きました。


みぞれは?と思うでしょうが、この日は旦那が不在。
みぞれと飴を同時に連れて行くのは至難の技なのです(/ー ̄;)
みぞれは病院大好きで診察台にも自ら飛び乗りますが
待合室が超苦手。
犬がたくさんいるし、ちっこい犬に吠えられるからorz
グルグルバタバタと落ち着かず、リード持ってるのが大変なんです。
飴ちゃんはお外が苦手。
キャリーに入れた途端この世の終わりみたいに鳴きまくります。
「猫攫いじゃありませんよー!」と宣伝しながら歩かないと
人目を引くなんてもんじゃないくらい人目を引きます(ーー;)
その叫びは帰宅するまで延々と続くので、鳴いてる飴も大変でしょうが
なだめながら連れている人間もかなりぐったりしてしまうのです。
というわけで、とりあえず飴ちゃんから診察です。


飴ちゃんのハゲはウイルス性のものではないらしく、
おそらくストレスが原因だろうと診断されました。
心当たりあります?と訊かれ・・・
「たった数日でこの状態になりますか?」と訊くと
「十分なりますよ。なにか変わった事ありました?」と。
実は、数日間来客があってその間飴ちゃんは
寝ても覚めても触られっぱなしだったのです。
それを先生に伝えると「それが原因かもしれませんねぇ」とorz
抗生剤とステロイドを処方されました。
塗り薬はないのでエリザベスカラーは回避。よかった(^^;)

「他に何か気になることあります?」と先生が言うので
「飴じゃなくてみぞれなんですけど。。。」と
図々しくもみぞれの歯の写真を見せ「どうでしょ?」と聞いてきましたw
連れてきてくださいって言われるかと思いきや
「様子みてて大丈夫です」とのこと。
色が濃くなったりしたらすぐ診察しましょうと言われました。
即刻麻酔だと思ってたので、少しホッとしました。よかった(/_;)

帰宅すると飴ちゃんの声はガラガラになってました。
病院すごく混んでてかなり待たされたので。。。
数時間鳴き叫んでたら声も枯れますよねぇ(/_;)
2週間後にまた診察なのですが、また叫びっぱなしなんだろうなぁ。
飴ちゃんがどんどんダミ声になっていく・・・・・orz



IMG01965.jpg

IMG01723-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト