MAKKTAIL

ARTICLE PAGE

お雛様

数年前に出したっきりで、今年もまた出しませんでした。


イカンですねぇ・・・・(~_~;)

うちのお雛様、デカくて大変なのです。
やっとの思いで出しても、飴ちゃんがいるので
開かずの間になってる客間に置くしかなく
ヘタすると飾ってることすら忘れてしまうという
それはそれは不憫な扱い。
来年は出そうかな。
・・・出せるかな(^^;)



2年前のちょうどひな祭りあたり、祖母宅を訪れると
歴代のお雛様がきちんと飾ってありました。
出す、並べるってだけでも大変だったろうに、と
毎年出さない自分を恥ずかしく思ったとです。
かなり年季の入ったお雛様なので
どん引きされる方もいると思うので畳みます。

見るぜ?見てやるぜ?な方は
↓ こちらからどうぞ(^-^)

IMG00036.jpg

比較的新しい感じのお雛様ず。
祖母のものかな?と思います。←訊いたけど忘れたw
祖母は今94歳なので、1920年(大正9年)頃のもの。
後ろのケースの中にはコロコロした人形が犇めいています。

IMG00038.jpg

年代ものにしては、宝冠もちゃんとしてます。
お顔もキレイ♪

IMG00037.jpg

小物や道具もちゃんとあります。ピンボケだ(~_~;)

IMG00034.jpg

たぶんこちらは曾祖母のもの。違うかなー、わからん(-_-;)
そうだとしたら、1894年(明治27年)、120年前のものです。
100歳目前にして亡くなってしまいましたが・・・大往生だったな。
祖母も曾祖母も、娘時代はとてもキレイで評判だったんだとか。

IMG00035.jpg

ヘアスタイルが時代を物語ってますw
もう誰が誰でどのお役目なのかさっぱりわかりません。
手前にあるのは父の折り紙雛。

IMG00033.jpg

お顔の大きさに個体差があるのが面白いです。
女性はやっぱり小顔なのですね♪

今年は出せなかったそうですが、また見てみたいなぁ。
ちゃんと話も聞いてこよう♪
関連記事
スポンサーサイト