MAKKTAIL

ARTICLE PAGE

人による

またしても大雪の気配です。
まだこないだの雪がてんこ盛りだというのに・・・。
春が待ち遠しいです。

雪に備えて、今日はスーパーに買い出し行ってきました。
それはそれはすっごい混みっぷりで
駐車場の混み具合を見ただけでクラっとしました。
1週間は暮らせるようにと、カゴいっぱいに食料品を乗せ
レジでならびひたすら順番を待ち・・・
会計を済ませエコバッグに商品を詰めようと
レジ奥のカウンターにカゴを置いたときでした。

70代くらいでしょうか。
ご婦人が背後からスッとやってきて私の横に立ちました。
そして、私の目の前にあるポリ袋がセットしてある所に手を伸ばし
ポリ袋横に設置してあるセロハンテープを取り始めました。
ズズズズズーーーーーっとたいそう長く取られるので
段ボールの口でも留めるんかしら?と
カゴのものをバッグに詰めることもせず、その作業が終わるのを待ちました。
すると、あんまり長く取ったせいでテープがもみくちゃになり
私の買い物カゴの中にあるお魚パックにペト!と貼り付きました。
ご婦人はその貼り付いたテープをチラ見しただけで放置し
また新たにズズズズーーーーっとテープを取り始めました。
(これどうすんだろ?)と思いつつまた待っていると
ダラっと長いテープを2本取り終えたご婦人はそのまま立ち去ろうとします。

「え、あの、これはどうするんです?」と尋ねると
「え?なにが?」ととぼけたご様子。
「なにって、今あなたが取ったテープ、ここにくっついてますけど」
「え?どれ?」
「これですよ、これ」
「私のじゃないわ」

・・・!(-_-メ)

「私のじゃないって、あなたが取ってくっついたやつでしょ?」
「知らない、私のじゃない」

・・・!!!(▼皿▼)

頭に来たのでそのテープをベリっと剥がし
「あぁそう!」とカウンターにバン!と叩きつけました。
ご婦人は「まぁこわい」と言いそのままさようなら。
なんだそりゃ。
テープのせいでパックに穴が開いたし
めちゃ混んでてさっさと終わらせたいのに
横からきたあなたの作業を私は待ってたし
ずっと終わるのを待って見てたんですけど。
こわいのはお前じゃ。アホか!

昔からよく、年長者の意見は聞くもんだとか言いますが
どうやらそれも人によるのですね。
どう育ったらあんなことする大人になるんだろうか。
あらごめんなさいね、で済む話なのに
それが言えない、指摘されてもシラをきる、
そんな人が育てた子や、更にその子が育てた子は
きっと当たり前にそんな風に成長していくのでしょうね。
子供をみれば大体どんな親かわかるって言いますし。
同じカウンターで見ていた他の人たちも
信じられん!て顔で私とのやり取りを見ていました。

他人に迷惑をかけるのはとてもいやです。
人にそんな思いをさせるくらいなら自分が辛いほうがいいし。
時間にルーズだったり、ルールを無視したり
公共の場で子供に好き放題させ他人に迷惑をかけたり
そういうのは大嫌いです。
つい先日も子供に買い物用カートを押させている母がいて
その子が初老のご婦人の腰にカートを勢いよくぶつけました。
「痛い!」とご婦人がその子を振り返り、目が合い
なのにその子は謝りもせず表情ひとつ変えず。
「ボク、ごめんなさいは?」と言われてましたが
ご婦人をじっと見つめ、ひと言も喋らず
何事もなかったかのように前方で品定めをしている母の元へ。
「大丈夫ですか?」と尋ねると
「雪かきで腰痛めてたから、ちょっと辛いわ」と仰ってました。
その後ヘラヘラ楽しげに買い物しているその親子を眺めながら
ひと言文句言ってやろうかとも思いましたが
そういう人に限って、そんなことを言われるとキレるので
すっごく我慢してそのまま帰宅しました。
・・・なんだかとても気分が悪かったです。
その母もきっと、そういう育てられ方をしたのでしょうね。


私はまともに育ててもらって本当によかった。
両親に感謝です。
関連記事
スポンサーサイト